2015年 春の緑茶(新茶)テイスティング会

名古屋会場:2015年6月6日
東京会場:2015年6月14日

中国茶アドバイザー/インストラクターでは、2015年から年間2回、張老師の推薦茶のテイスティング会を行うことに致しました。

初回は6月に名古屋と東京で行われ、本部が浙江省にあることを生かして春の緑茶(新茶)に焦点を絞って開催されました。日本ではなかなか味わうことのできない中国緑茶もラインナップし、会員同士がいろいろな意見を交換しながらテイスティングが進められました。個別に飲むと分かりにくい中国緑茶ですが、一度に複数の緑茶をテイスティングすることで味や香りを比較することができたので、それぞれのお茶の特徴を知ることが出来ました。

このテイスティング会は、資格取得だけに止まらず、その後も体験的な学習を行うことで中国茶アドバイザー/インストラクターとして継続的に知識を蓄えてゆける場として活用していって頂きたいと考えています。

以下にテイスティングしたお茶と参加者の感想の抜粋をご紹介します。

西湖龍井
浙江龍井
西湖龍井茶 4月2日摘 梅家塢
フレッシュで豆の香りが感じられた。洗練された龍井茶という印象。
浙江龍井茶 3月27日摘 富陽
西湖龍井よりはっきりとした味。茶葉が整っている。香りと味が一致している。
径山茶
東山碧螺春 4月3日摘
甘みが深くスッキリしている。お湯の温度を変化させるとお茶の味が顕著に変わる。茶杯からほんのりと果実の香りがした。スモーキーな香り。
径山茶 4月5日摘
産毛が多く撚りのある茶葉。煎茶を連想させる香り。すがすがしいすっきりとした飲みごごちが良い。
安吉白茶
金奨恵明
安吉白茶 4月3日摘
フレッシュで爽やかな香り。茶葉の形状とは違うまろやかで爽やかなお茶。上品で渋みが少ない。
金奬恵明茶 4月2日摘
日本ではめずらしいが杭州ではどこでも薦められた。茶葉から柑橘系の爽やかな香りがした 。
莫干黄芽
莫干黄芽 4月10日摘
しっかりとした味で旨みが強く、輪郭がある。高温で淹れるとパンチのあり、低温だとかぶせ茶のような旨みがある。出汁のような旨みがある。
参加者の様子

ページTOPへ戻る