中国茶アドバイザー/インストラクターでは、2015年から年間2回、張莉穎老師の推薦茶のテイスティング会を行っています。このテイスティング会は、資格取得後も体験的な学習を継続的に行い、常に新しい情報や知識を蓄えてゆける場として活用していって頂きたいと考え行っているものです。
2016年 春の緑茶(新茶)テイスティング会

東京会場:2016年6月4日
名古屋会場:2016年6月5日

今年は、西湖龍井茶の初摘みが3月9日と例年に比べてとても早かったです。その為、清明節前後に摘まれたお茶でも茶葉が大きめのものが多かったように思われます。また、この気候の影響だと思われますが、例年の同じ時期に摘まれたお茶に比べて全体的に淡い味のお茶が多かったようです。このような違いは、毎年飲み続けているからこそ分かる貴重な情報です。

以下にテイスティングしたお茶と張老師からのコメントをご紹介します。

西湖龍井茶 4月6日摘 梅家塢
豆の香りは弱いですが、旨みが強く緑の香りが良いお茶です。今年は初摘みが早かった為、茶葉が大きめです。
品質・価格とも中程度の西湖龍井です。
浙江龍井茶 4月10日摘 富陽
味も香りも良く、とてもよく出来ている美味しいお茶だと思います。産毛が多く固まりも見えます。西湖龍井ではありませんが、普段飲むのには良いお茶でしょう。
太平猴魁 4月20日摘
今年の初摘みは4月20日でした。丁寧に作られたお茶で、太平猴魁ならではの網の模様がはっきりと見えます。茶葉は深い緑色ですが、苦味のないやさしいくて美味しいお茶です。
径山茶 4月3日摘
鮮やかな緑色と沢山の産毛がとても美しい茶葉です。柔捻がとても丁寧に行われています。苦味が少なく、舌の上で転がるようななめらかなお茶です。
安吉白茶 4月3日摘
お湯を注ぐと緑の爽やかな香りの中に微かに香ばしい香りのするバランスのとれた良いお茶です。針のような美しい茶葉が特徴です。
雨湖春芽(湖南省) 4月7日摘
湖南省の緑茶です。お茶が濁るほど沢山の産毛ですが、苦味、旨み、甘みのバランスがとても良いお茶です。微かに柑橘の香りがあります。
碧螺春 3月20日摘
産毛が多いので一煎目は捨てるのも良いでしょう。スモーキーな香りのするお茶なので、この香りが苦手な方は茶葉を少なめにして淹れることをお勧めします。
黄山毛峰 4月1日摘
中国を代表する銘茶です。少し茶葉が不ぞろいですが、かすかにこうばしさを感じるとても美味しいお茶です。お湯の温度を下げて淹れると旨みが出てきます。

ページTOPへ戻る